HOME > 金物塾 > 宇佐美工業(株)

金物塾

ガラリ等換気製品に用いられるカチオン電着塗装について

宇佐美工業(株)様より寄稿

電着塗装とは電荷を持つ粒子塗料を含む水溶液中に被塗物をひたし、被塗物と対極の間に直流電流を流して被塗物に塗料を析出させる塗装方法です。
電着塗装の特徴

  1. 防錆性―エポキシ樹脂を主成分とし耐食性を向上させてます。
  2. つきまわり性―塗料がつきまわり、内外均一に塗装されます。
  3. 密着性―塗料の流れ、ワキ、タマリが静電塗装に較べ少ないです。
  4. 下地隠蔽性―下地鋼板の粗度を塗膜によって覆い平滑化します。

電着塗装は一般的にアニオン電着塗装とカチオン電着塗装の2種類あり、現在電着塗装のほとんどは、カチオン電着塗装です。自動車のボディーの下地塗装が有名ですが建設機械や家電製品にも使用されております。

1.電着塗装前

ステンレス製換気口下地塗装を施す前の製品

1
2.カチオン電着下地塗装

カチオン電着下地塗装を施した製品です。金網面も繊細に塗装が施されております。

2
3.メタリック上塗り塗装

当社メタリックグレー色をカチオン電着下地塗装に上塗り塗装を施した製品です。

3
シミズフェアのご案内
シミズフェア2009
 
応募・登録希望の方々
採用情報
 
お問い合わせ
お問い合わせ